-

民事再生という手段はマンション等のローンを含め多重の債務に苦しむ方を対象とした住居を維持しつつも金銭管理の面で立ち直るために法的機関による債務を整理する手順として施行された法律です。民事再生には、破産申告とは違い免責不許可となる要件がありませんので散財などで借金した場合もこの手続きは問題ないですし破産申告をすれば業務禁止になるリスクのある立場で給与を得ているような場合でも制度の利用が可能です。破産の場合だと住居を残すことは考えられませんし、任意整理や特定調停などでも、元金そのものは返していかなくてはなりませんので住宅ローン等も支払いながら返していくことは多くの人にとっては簡単ではないと思われます。ただ、民事再生という手順を選択できれば、住宅のためのローンを別とした借入は金額をカットすることが可能ですので住宅ローンを返しつつ他の借金を支払い続けるようなこともできるということなのです。といっても、民事再生という選択は任意整理や特定調停といった処理とは異なって特定の債務を除いて処理をすることは考えられませんし、破産宣告の際のように元金それ自体消えてしまうわけでもありません。また、他の解決手順に比べて手順がこみいっていて手間が必要ですので、住宅ローンなどを組んでいて住居を手放すわけにはいかない時など以外で破産手続き等のそれ以外の整理方法がない場合だけの解決方法と考えた方がいいでしょう。