-

任意整理とは一般的には借金の整理というように呼ばれており、おのおのお金の貸し手に対して債務の返済を続けることを前置きとした債務を整理する選択のことです。実際の流れですが債務処理経験のある司法書士または弁護士事務所債権を持つものと借り手との間に立って示談をして利息制限法に従い利息の再考慮をもとに一から計算した借り入れた元金についての借入金利を少なくすることで36か月程度の期間で返済していく債務整理の方法です。任意整理には裁判所などといった国家機関が関与しませんのでそのほかの選択肢と比較した場合手続きを取った場合の不利益が最小で処理も依頼者にとって最も問題になりませんのでまず検討するようお勧めしたいやり方だといえます。さらに、債権を有する者がヤミ金業者に類するとても高額な金利ならば利息制限法が許している貸出金利以上に払った利息にあたっては借金の元金に充てるとみなされ元金を減らしてしまうことも可能です。サラ金業者みたいなとても高い利息を取る業者へ長期間返済している例では期待以上の支払額を減らせるようなこともありますし、10年くらい返済してきたケースなら負債自体がなくなるようなこともあります。任意による整理の良い点ですが、自己破産とは異なってある部分のみのお金だけをまとめていくことが可能なため他の保証人が関与している借金以外だけで検討する場合や住宅ローンを別として整理をしたい場合等でも使うことも可能ですし全ての資産を手放すことは必要とされていないのでマンションなどの自分名義の資産を保有していて、手放してしまいたくない状況であっても有用な借金整理の方法といえます。いっぽう、後々の返済に必要な額と現実として可能な所得額を比較して、常識的に見て返済の計画を立てられるのであれば任意での手続きを進めることが可能ですが、破産手続きとは違い返済義務そのものがなくなってしまうということではないため借りている額が多いような場合は実際問題として任意整理にての選択をするのは容易ではないということになります。